• 日髙 岳

【生命保険】新型コロナウイルス感染症に関する「入院」の特別取扱いについて


今回の新型コロナについて保険会社各社が以下のような対応をしています。 (詳しくは、ご契約中の保険会社に問い合わせをされてください。)  以下のような状況から、一般的には普通の医療保険に加入していれば、個別に「コロナ」専用の保険等に加入する必要性は低いと考えられます。

<各保険会社の対応の一例>

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、弊社では影響を受けられたお客様に対して、 医療保険等における「入院」の特別取扱いを実施いたします。


医療保険における「入院」につきまして、約款上は「病院または診療所に入り、医師等の管理下で治療に専念すること」を要件としておりますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う病床数不足等の事情により、医師の指示に基づき臨時施設(ホテル等の宿泊施設を含みます。)または自宅において入院と同等の療養をする場合も「入院」として取り扱い、入院給付金等をお支払いいたします

(*)医師の証明書等をご提出いただく場合に限ります。



実際には、保険金を請求後、必要な書類に記入の上 病院や保健所などから発行される、診断内容もしくは、宿泊施設の利用を証明する書類、自宅隔離を指示するPCR検査の結果などを添付する必要があります。

保険会社によっては、すでに専用のフォーマットも作成しており、その用紙に、PCR検査後、陽性であり自宅待機の指示などを受けた保健所と担当者の名前を、お客様ご自身がご記入いただくだけで保険金請求が完結する場合もあります。


比較的簡単に請求できます。もしご不明点があれば請求に関しての助言やアドバイスも致しますので、弊社にメール、お電話などでお問い合わせくださいませ。


日髙

閲覧数:15回0件のコメント