• 日髙 岳

生命保険のマジック



あまり世の中には認識されていないのですが、生命保険には「コンバージョン」という、ご加入中の生命保険を「変身」させる方法があります。


例えば、大病を患ったある中小企業の社長(64歳)が、「医者から長くて3年」と宣告された。退院後も体調はすぐれず、全面的に会社を退くことに決めた。後継者は長男と決まっているが、昨年あたりから親会社の景気も悪く、当社も影響が出ている。

 退職を70歳と決め、退職金目的で保険に加入していたが、残念だが続けられない。しかし個人の保険は葬儀料くらいしか加入しておらず、2~3年の命なら残してやりたいし、何かいい方法はないか・・・



と、いう事例があったとします。


 社長は3年前、決算時に保障額1億の「逓増定期保険」に加入し、8年後の退職予定時に解約して、解約時に戻ってくる返戻金を生存退職金に充てる予定でした。しかし突然の大病また思いもよらぬ宣告・・・そこで次のようなコンバージョン提案があります。

 逓増定期保険を10年の定期保険に変更し、さらに個人に契約者を変更します。この制度を活用したことにより、安い保険料で10年間は1億の保障が得られました。  その後、この社長は医者の診断通り、2年8ヶ月で他界なさいましたが、最愛のパートナーである奥様にはせめて経済面での愛情が残せました。

 その後、奥様は社長と暮らされた家を長男家族に譲り、2LDKのマンションを購入し、ときどきお孫さんたちと食事をしたり、お友達と旅行へ行ったり、老後を過ごすことができました。


 もし、加入中の保険を「変身」させることができる事をしらなければ、逓増定期保険の高額な保険料は支払えず解約、個人でも生命保険にほどんど加入していなかった上記の事例では、社長が他界された後、奥様は大変困ったことになったと思います。  取扱い条件を満たせば現在加入している保険契約を審査なしで、他の保険種類に切り換えることができる制度を、コンバージョンと言います。 このような方法を頭の片隅にチラッと覚えておくことで、不測の事態に陥ってしまったとき、せっかく加入していた生命保険を有効に本来の役割として活用することができると思います。

閲覧数:10回0件のコメント