• 日髙 岳

日向灘を震源とする地震について、被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。 被害が発生した場合は、ご契約の代理店もしくは証券記載の保険会社フリーダイヤルへお問い合わせください。 また、弊社にても、ご請求や、その他のお問い合わせやご相談も承っておりますので、お電話、チャット、メール等でお問い合わせくださいませ。

<ご注意ください!> 住宅修理などに関し、「保険が使える」と言って勧誘する業者とのトラブルが急増していますのでご注意ください。 詳しくは、日本損害保険協会ホームぺージをご覧ください。 https://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html


日髙

閲覧数:0回0件のコメント
  • 日髙 岳

最近では、中高生の男子が脱毛サロンに行く時代だそうです。 確かに、思い返せば思春期の頃にムダ毛の悩みを持っていたように思います。 おじさんになった最近では、そういう悩みを考える時間は無くなったきがしますが…

宮崎でも、実は密かなブームになっているようで、PTAで母親の間では話題になることもあるのだとか、ないのだとか

NHKで大人の脱毛・介護関係の特集をご覧になって興味を持たれている方も多いようです。なるほど、介護の時に汚物の処理などでは、ムダ毛が無い方がスマートでしょう。

また、経済的に余裕ができて若いころはできなかった脱毛に興味を持つ奥様方、白髪になると脱毛ができなくなる(黒に反応する機械のため)と言ったことが理由だったりするようです。

また、それに伴って、子どもにも脱毛を薦めるケースが増えているのだそうで


・ニキビや肌荒れの中で髭剃りをする男の子がかわいそう

・完全に脱毛ではなく、何度か脱毛することで毛量を減らしてあげて、その後は大人になったら自己判断でやればいい(女の子を持つ母親)


・足やひげは適度な量があったほうが良いと思うが、毛深くない程度に思春期や大人になって悩む前に脱毛して薄くしてあげたい(男子の母親)


・親自身が足や太ももなどカミソリ負けした思い出があるので我が子には、そんな思いさせたくない


といった意見があるようです。

面白いのは、完全に脱毛!ではなく、あくまでも毛量を減らしたい。という意見が多いようです。

なるほど、大きく悩む前に少しでも手を打てたら・・・ということでしょうか



そんな脱毛サロンが、いまでは思ったよりリーズナブルにお試し感覚でトライできるようです。わたしも髭が白髪になる前にやってみようかな・・・


日髙

閲覧数:9回0件のコメント
  • 日髙 岳

iPadを就寝時にベッドで視聴したり、お子様がポータブルゲームを持ち歩いたりすることが増えているご家庭も多いと思います。

子どもにゲームをさせていいかの是非はともかくとして💦

思いがけず、機器を破損してしまったときに、補償はどうなっていたかな?と思うこともあるのではないでしょうか?


そこで

みなさん、火災保険で家(建物)だけではなく、家財にも掛けていらっしゃいますか? メカニカルな故障には対応できませんが「落として壊した」というトラブルであれば、補償内容次第で、火災保険で対応できます。


ポイントとしては

・「家財」の保険に加入していること

・「破汚損」という項目が保険の保障範囲に入っていること ・「持ち出し家財」という特約が付いていれば、外出時の破汚損も対応(タブレット除く)


機器を購入するときに、個々の保険・保障を付けることを提案されることもあると思いますが、それぞれに付けていくと思いがけない負担になることもあります。

まとめて火災保険で補償を付けるという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

ついでに、地震保険も家財に付けておけば、万が一の際の金銭的負担をリスク回避することもできます。


もしかしたら、すでに火災保険で補償対象という事もあるかもしれません。 一度調べてみましょう。


信興グッドフェイスでは、補償内容の点検のお手伝いも行っております。保険証券などの中身を見ても、よくわからないという方は是非ご相談ください。


日髙



<保険会社から抜粋の参考資料> ●iPhone(アイフォン) 主たる機能が電話、メール等であるため「携帯電話等」に該当します。よって保険の対象にはなりますが、破損、汚損等事故の補償は対象外です。 また、「自宅外家財特約」をセットした場合は、「携帯電話等」は「保険の対象とならない物」に該当するため、保険の対象となりません。 ●iPod(アイポッド)、iPod touch(アイポッドタッチ) 主たる機能が音楽鑑賞やオーディオブック鑑賞等であり、「携帯電話等」には該当しないため、破損、汚損等事故においても補償の対象となります。 また、「自宅外家財特約」をセットした場合も保険の対象になります。 ●携帯式電子ゲーム機 主たる機能がゲーム機能であり、「携帯電話等」には該当しないため、破損、汚損等事故においても補償の対象となります。 また、「自宅外家財特約」をセットした場合も保険の対象になります。

※保険会社によっては内容が異なりますのでご注意ください。



閲覧数:5回0件のコメント