top of page
  • 執筆者の写真日髙 岳



株式会社信興グッドフェイスは、この度、宮崎県を拠点とする女子サッカーチーム「ヴィアマテラス宮崎」のサポート企業となりました。 ヴィアマテラス宮崎は、2024年のなでしこリーグ1部に昇格し、地域のスポーツシーンで輝かしい成果を挙げ続けています。

ヴィアマテラス宮崎の紹介

ヴィアマテラス宮崎は、2019年に設立され、宮崎県新富町を本拠地とする女子サッカーチームです。地域の女子サッカーの発展を目指し、地元の若い選手たちにプロの舞台での活躍の場を提供しています。 2023年にはなでしこリーグ2部で優勝し、2024年からは1部リーグでの戦いがスタートしています。

チームは幅広い年齢層に対応しており、U-12からU-18までの育成プログラムも充実しています。また、障がい者サッカー「エスペレーラ」の活動も行っており、地域社会に貢献する姿勢が評価されています。

信興グッドフェイスのサポート

株式会社信興グッドフェイスは、ヴィアマテラス宮崎の理念と活動に共感し、チームのさらなる発展を支援することを決定しました。私たちは、地域の若者たちが夢を追いかけ、プロとして成長する姿を応援し続けます。

今後も、ヴィアマテラス宮崎の試合やイベントにおいて、私たちのサポートが選手たちの活力となり、勝利へと導く力になることを願っています。また、地域の皆様と共にチームを応援し、宮崎県全体のスポーツ振興に貢献してまいります。

ヴィアマテラス宮崎の詳細な情報や最新の試合結果は、公式サイトでご覧いただけます。ぜひ、皆様も応援の輪に加わっていただければ幸いです。 ヴィアマテラス宮崎公式サイト: ヴィアマテラス宮崎


株式会社信興グッドフェイス: 公式サイト

閲覧数:1回0件のコメント




本日は、中小企業倒産防止共済制度の節税目的利用に関する改正についてお知らせいたします。

制度

中小企業向け決済制度は、取引先が優遇する際に積み立てた資金総額の10倍(最高8,000万円)までの決済金の貸付が受けられる制度です。

改正の背景

近年、年末年始での解約と再加入を繰り返す節税目的の利用が増加しています。 これに対応するため、令和6年度税制改正により、今年10月から以下の変更が実施されています

具体的には、2024年10月1日以降に共済契約を解約した後、2年間は再加入してもその金を損金や必要経費に算入されることはありません。 これは、制度の本来の目的を逸脱する無効な利用を防止するためです。

制度内容

共済制度への加入資格は業種ごとに定められています。たとえば、 製造業や建設業では資本金3億円以下または従業員数300人以下、卸売業では資本金1億円以下または従業員数100人以下 サービス業では資本金5千万円以下または従業員数100人以下が対象となります。 加入金は月額5千円から20万円まで選択でき、必要に応じて増額や減額が可能です

節税

平成23年10月に金積立限度額が増額されて以降、共済金貸付の発生は減少傾向にあるにもかかわらず、加入者数は急増しています。特に、加入後3年目と4年目での解約が増加しており、直近では約33%がこの期間に解約しています。このような動きは、解約後すぐに再加入する節税目的の行動が原因と思われます。

改正の影響と注意

中小企業の調査によると、共済加入の理由の約2割から3割が税制上の優遇措置に変更され、制度の不適切な利用が指摘されています。

企業の皆様におかれましては、この改正内容を理解し、制度の本来の目的に沿った適切な利用を心がけていただきたい。という事が改定の意図です。 制度参考URL(経営セーフティ共済とは):https://www.smrj.go.jp/kyosai/tkyosai/

詳しい内容やご不明な点については、弊社までお気軽にお問い合わせください。 https://www.skgf-ins.com/%E8%A6%8B%E7%A9%8D%E3%82%8A%E4%BE%9D%E9%A0%BC E-mail:skgf.hidaka@gmail.com

閲覧数:0回0件のコメント
  • 執筆者の写真日髙 岳

更新日:5月30日

よくあるご質問

Q【自動車保険】日常生活賠償特約で、自転車の事故も補償されますか?

A

はい、自転車事故により他人にケガをさせたり他人の財物に損害を与えて法律上の損害賠償責任を負った場合に補償されます。

参照:日常生活賠償特約の補償(三井住友海上火災保険HP)

なお、ご自身のケガについては、他のオプション特約「自転車・車いす・ベビーカー・シニアカー事故傷害定額払特約」によって補償対象となります。


★損害賠償責任への備え

自転車事故により、高額の損害賠償責任を負うことになってしまうリスクには 「個人賠償責任保険(日常賠償責任保険)」で備えることができます。

個人賠償責任保険とは、個人またはその家族が、日常生活で誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりして、損害賠償金や弁護士費用などを負担した場合の損害を補償する保険のことをいい、自転車事故も補償対象になります。なお、仕事中の事故など補償の対象外となるケースもありますので、免責となるケースについてはパンフレットなどで詳細を確認しておきましょう。


また、個人賠償責任保険の被保険者は、「生計を共にする同居の親族」となっています。そのため、家族一人ひとりがそれぞれ加入する必要はなく、世帯主が契約すれば子どもが起こした事故も補償されます。また、子どもには「生計を共にする別居の未婚(これまでに婚姻歴のないこと)の子」が含まれます。例えば進学のため、同居せず仕送りを受けながら下宿などをしている子どもも補償の対象となります。

個人賠償責任保険は、自動車保険や傷害保険などにセットして加入する場合、保険料も月額数百円程度です。ご自身やご家族が加入している自動車保険や傷害保険などで、すでに個人賠償責任補償がカバーされている場合がありますので、補償が重複しないかを、まずは確認してから加入を検討しましょう。 宮崎県の条例で加入義務とされている自転車保険の要件を満たすことから、わざわざ自転車保険に追加加入する必要は無いと思われますが、一方でご自身のケガの保証が必要と感じる場合は、傷害保険などをご検討されることもお勧めします。 (一般的に自転車保険は自転車でのケガに限定しているため、お子様のお怪我の補償としては、より広い範囲で保証できる傷害保険が好ましいと言えます)



自転車に乗っている際の事故で、ケガをするリスクをカバーできる保険の一つに傷害保険があります。


★傷害保険とは

傷害保険とは、「急激・偶然・外来の事故」によって「人の身体に傷害(ケガ)」が生じ、入院や通院をしたり、後遺障害を負ったり、死亡した場合などに保険金が支払われる保険のことをいいます。

一般的に自転車事故によるケガも、傷害保険の補償の対象となります。


★医療保険との違いは?

医療保険は、病気またはケガでの入院、所定の手術などを保障する保険です。一方、傷害保険がカバーするのは、ケガのみです。それならば、医療保険で十分と考える方もおられるでしょう。

しかし、傷害保険は、持病などがあっても加入することができますし、一般的な医療保険は、支払要件が入院手術に対して、ですので、通院治療のケガから補償できる傷害保険でないと、骨折などの治療では医療保険の支払要件を満たさないケースがあります。 保険料も医療保険と比較すると、傷害保険の方が一般的にお手頃です。


★既存契約の確認をしてみよう

自動車保険の人身傷害補償保険、自転車特約、そして自転車保険の内容を踏まえたうえで、必要な補償準備ができているかどうかを確認してみましょう。その上で、さらに補償の充実を効率的に図るためには何を選べばよいか考えてみるとよいでしょう。 信興グッドフェイスでは、他社の証券であっても内容の確認と解説をさせていただいております。どうぞお気軽にお問い合わせください。


日髙




閲覧数:32回0件のコメント
ブログ: Blog2
bottom of page